Dr. Kayoko Takeda is Professor of translation and interpreting studies in the
Graduate School of Intercultural Communication and the College of Intercultural
Communication at Rikkyo University in Tokyo. Her main research areas are: translator and
interpreter education, socio-cultural aspects of translating and interpreting,
translation and interpreting history, and technologies used in translating and
interpreting. 

Books

Link

『ニュルンベルク裁判の通訳(Interpreting at the Nuremberg Trial)』フランチェスカ・ガイバ著、武田珂代子訳 (2013)

Japanese translation of "The Origins of Simultaneous Interpretation: The Nuremberg Trial" (Gaiba, 1998), with a...

 

Interpreting the Tokyo War Crimes Trial: A Sociopolitical Analysis, Kayoko Takeda (2010)

In order to ensure its absolute authority, the Tokyo War Crimes Tribunal (1946–1948), the Japanese...

 

Link

『翻訳理論の探求』(アンソニー・ピム著、武田珂代子訳) (2010)

Anthony Pym著 "Exploring Translation Theories)" の日本語訳

 

Link

東京裁判における通訳 (Interpreting at the Tokyo Trial), Kayoko Takeda (2008)

新しい次元に進む精緻な東京裁判研究の嚆矢として贈る意欲作。法廷におけるリアルなコミュニケーション過程を明らかにする。本書では、東京裁判の通訳について誤解を正す意味で、いったい誰がどのように通訳業務を遂行したかについて、さまざまな事実を掘り起こすことを第一の目的とした。日米両国で入手した資料やインタビューを基に通訳作業の全体像に光をあてるとともに、通訳体制の三層構造、通訳手順成立の過程、二世モニターの複雑な立場といった、東京裁判通訳における際立った特徴に焦点を当てた考察が行われている。本書の第二の目的は、東京裁判通訳に関する事象を、通訳・翻訳学における理論や概念を基に分析・解説することである。通訳学とは、通訳の認知的プロセス、コミュニケーションの仲介者としての通訳者の役割、通訳史、通訳教授法など、通訳のさまざまな側面を研究する学問であり、ここ数十年ほどで急速に発展した。ここでは、今日の通訳学の新潮流である社会科学的アプローチを適用し、東京裁判の歴史的・政治的文脈のみならず、裁判関係者間の力関係、通訳作業に関わった人々の社会的・文化的背景に目を向けながら通訳事象の説明がなされている。通訳学と政治社会学、架橋の成果を問う力作である。また、アクチュアルな問題としては、イラク戦争など、テロ対策のための継続的な情報活動や監視政策の中で通訳者や翻訳者が果たす役割、継承語使用者が直面する課題などがあるが、これらは通訳・翻訳研究者がこれまであまり注意を向けてこなかった領域であり、今後の研究が期待されている。そうした議論の進展のために一石を投じる役目を果たせるよう執筆された

 

Contributions to Books

Link

The Visibility of Collaborators: Snapshots of wartime and post-war interpreters, Framing the Interpreter: Towards a visual perspective (2014)

This article examines two photos that presumably feature local interpreters serving foreign military occupiers during...

 

Link

Translation of Japanese laws and regulations (with Yasuhiro Seikine), The Ashgate Handbook of Legal Translation (2014)

This chapter first introduces law translation in 19th-century and post-war Japan, focusing on the purposes...

 

Link

ニュルンベルク、東京、そしてハーグ:国際戦犯法廷における通訳システムの発展(Nuremberg, Tokyo and The Hague: The development of interpreting systems at international war criminal courts), ニュルンベルク裁判の通訳(Interpreting at the Nuremberg Trial) (2013)

ニュルンベルク裁判、東京裁判、旧ユーゴ国際戦犯法廷における通訳システムを比較、分析し、法廷通訳の今日的課題について論じた解説。(This article discusses the development of interpreting systems at the Nuremberg Trial, the Tokyo Trial...

 

The emergence of translation studies as a discipline in Japan, Translation and Translation Studies in the Japanese Context (2012)

This article examines how Translation Studies as a discipline is taking shape in Japan, focusing...

 

Articles

Is 'pseudotranslation' fueling anti-Korean sentiment in Japan?, Crosscurrents of the Korean Wave II: proceedings of 2014 Ewha Global Top 5 Project Team--Research Institute of Korean Culture International Conference (2014)

The concept of 'pseudotranslation' is drawn on to examine two books on Japanese political and...

 

Link

Book review: Rachel Lung. Interpreters in Early Imperial China, Interpreting (2014)

A review of Rachel Lung's Interpreters in Early Imperial China (2011).

 

Link

The role of Nisei (second-generation Japanese Americans) linguists during World War II and the Allied Occupation of Japan, Studies of Translation and Interpretation (翻訳学研究集刊) (2014)

This paper describes the crucial and complex role of Nisei (second-generation Japanese American) linguists (translators...

 

Link

法廷通訳の公的認定制度と倫理規定の整備に向けて (Towards the establishment of a certification system and a code of ethics for court interpreters in Japan), 季刊刑事弁護 (Quarterly KEIJI-BENGO [Criminal Defense]) (2013)

This article discusses issues and challenges in establishing a certification system and a code of...

 

Link

日本の司法通訳:地位あいまい 専門職化を (Professionalization of Judicial Interpreters in Japan), 朝日新聞 (Asahi Shimbun) (2012)

This is an Op-Ed article in the Asahi Shimbun newspaper, concerning the professionalization of judicial...

 

Other

Link

翻訳「革命」期における翻訳者養成:公開シンポジウムの報告と今後の取り組み (2013)

立教SFRによるプロジェクト研究「翻訳『革命』期における翻訳者養成の新たなコンテンツと方法に関する学際的研究」の一環として、2013年1月12日に立教大学で開催した公開シンポジウム「翻訳『革命』期における翻訳者養成」の記録と本プロジェクトのこれまでの総括を報告するもの。